墨田区・台東区の不動産|株式会社ChapteR > 株式会社ChapteRのスタッフブログ記事一覧 > 実家の相続における兄弟間のトラブル事例と解決方法について解説

実家の相続における兄弟間のトラブル事例と解決方法について解説

≪ 前へ|共有名義のマンションを売却したい!持分のみを売却する方法とは?   記事一覧   築浅一戸建てを売却する理由とコツについてご紹介|次へ ≫
カテゴリ:不動産売却

実家の相続における兄弟間のトラブル事例と解決方法について解説

仲の良かった兄弟であっても、金銭的なことがからむと気持ちが穏やかではいられなくなるものです。
とくに遺産が多いと問題が生じることも少なくありません。
実家の相続における兄弟間で起こりがちなトラブルの事例をご紹介します。
問題解決の方法や予防策についても解説しますので、参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

実家の相続で起こりやすい兄弟間のトラブル

実家の相続において、相続をする人が複数いる場合、それぞれが納得できないとトラブルに発展することがあります。
どのような例があるかというと、たとえば、ずっと介護をしてきた場合、ほかの兄弟よりも多くの遺産をわけてもらうことを希望することがあります。
しかし、長男だから、または近くに住んでいるから、といったことで遺産は均等であると主張すればトラブルになります。
介護してくれた兄弟への感謝の気持ちがないことが原因で起こる問題です。
こういった結果にならないためには、事前に介護の負担や介護方法などについて話し合いをしておくことです。
また、現金のようにわけやすいものであれば良いのですが、家、土地、骨とう品など価値がわかりにくいものでわけるとなると争いに発展しやすくなります。
平等ではないと感じてしまうことで問題が生じるケースは少なくありません。

実家の相続において兄弟間で起こるトラブルの解決方法と予防法

実家の相続における兄弟間の争いの解決方法としては、全員が納得できる分け方をすることです。
土地や家など価値がわかりにくいものは、代償分割や「モノ」を売却し現金化してわけるのも方法の一つでしょう。
介護負担が原因の場合は、介護をしなかったほうは介護をしてくれた兄弟への感謝の気持ちを持つこと、介護をしてきたほうは金銭面における譲歩の気持ちをもつことです。
争いの原因はさまざまですが、予防法としては遺言書を作成することです。
財産についてもしっかり調査し、あとから「あれもこれも」といったことのないようにすることも必要です。
相続の対象についても明確にしておくこともトラブルを避ける予防策の一つです。
さらに、相続において知識を持っておくことも、争いを避けることにつながります。
また、普段から親族でコミュニケーションを取り、金銭的な相談も避けずにしておくことも問題を避けるためには大切です。

実家の相続において兄弟間で起こるトラブルの解決方法と予防法

まとめ

介護負担や価値が明確ではない財産などが原因で、兄弟間で相続トラブルになるケースがあります。
どのような理由があっても争いは避けたいものです。
トラブルにならないよう、遺言書を作成してもらい誰もが納得できる内容にすることが必要です。

不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|共有名義のマンションを売却したい!持分のみを売却する方法とは?   記事一覧   築浅一戸建てを売却する理由とコツについてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

日向 麻夫 最新記事



日向 麻夫

お客様それぞれの不動産購入に至るまでに存在する数多くのステップに対して、納得感も満足感も安心感も兼ね備えた上で、ひとつずつステップをクリアしていけるよう、プロのコンサルタントとして、寄り添ってフォローいたします。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


東陽町公園ハイツ壱番館

東陽町公園ハイツ壱番館の画像

価格
4,580万円
種別
中古マンション
住所
東京都江東区南砂2丁目
交通
南砂町駅
徒歩14分

江東区大島3丁目の売地

江東区大島3丁目の売地の画像

価格
5,180万円
種別
売地
住所
東京都江東区大島3丁目
交通
西大島駅
徒歩5分

墨田区文花2丁目の新築戸建

墨田区文花2丁目の新築戸建の画像

価格
5,780万円
種別
新築一戸建
住所
東京都墨田区文花2丁目
交通
小村井駅
徒歩7分

葛飾区立石3丁目の戸建

葛飾区立石3丁目の戸建の画像

価格
4,980万円
種別
中古一戸建
住所
東京都葛飾区立石3丁目
交通
京成立石駅
徒歩9分

トップへ戻る