墨田区・台東区の不動産|株式会社ChapteR > 株式会社ChapteRのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却をするときに消費税がかかる?課税対象や注意点についてご紹介

不動産売却をするときに消費税がかかる?課税対象や注意点についてご紹介

≪ 前へ|【成約御礼】南砂1丁目新築戸建B号棟   記事一覧   住宅ローン減税のすべてがわかる! 2024年最新版 目次|次へ ≫
カテゴリ:不動産売却

不動産売却をするときに消費税がかかる?課税対象や注意点についてご紹介

不動産売却をして利益が発生すると譲渡所得税が課税されますが、ほかにも消費税の課税対象となる費用があります。
消費税が課税されるものや非課税になる費用について、理解しておいた方が資金の目安を把握しやすくなります。
不動産売却における消費税と、売却時の注意点についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却において消費税が課税されるものとは?

不動産売却をするときに不動産会社に依頼するのが一般的ですが、依頼すると売却価格に応じて仲介手数料が発生し消費税の課税対象となります。
また住宅ローンの残債が残っていると不動産売却はできません。
住宅ローンの残債を一括で返済するときに発生する一括繰り上げ返済手数料には消費税がかかります。
ほかにも返済が完了するときに不動産に設定されている抵当権を抹消するための、司法書士報酬が課税対象となっているため理解しておきましょう。

不動産売却において消費税が非課税となるもの

不動産売却時に建物には消費税がかかりますが、土地は非課税となっています。
不動産会社が売却すると課税されますが、個人で居住用の不動産売却をする場合は非課税となるため、個人で売却したほうが良いこともあります。
ただし、非課税なのは居住用に使用していた不動産のみで、家賃収入を得るために利用していた不動産の売却時には事業にあたるため消費税課税対象となるので注意しましょう。
事業用の不動産売却をした場合でも、前々年の課税売上高が1,000万円以下だと課税されません。

不動産売却時の注意点とは?

居住用以外の不動産売却する場合に、個人事業主と法人では納税義務が発生する基準についていくつかの違いがあります。
個人事業主になったばかりの方は基準期間の売上高が1,000万円以下でも、売却した不動産価格によって特定期間に1,000万円を越えると課税事業者になります。
法人も同様に新設の場合に、特定期間に1,000万円を超えてしまうと課税事業者になるため注意が必要です。

消費税が発生する場合、個人事業主と法人は確定申告をする必要があり、怠ると税務署から通達が届く可能性があるため忘れないようにしましょう。

不動産売却時の注意点とは?

まとめ

不動産売却時に消費税が課税される対象は基本的に不動産会社に支払う仲介手数料になりますが、住宅ローンの返済状況によっては別途手数料に課税されます。
居住用か事業用の不動産売却なのかによっても異なるため、違いについて理解しておくと良いでしょう。

不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|【成約御礼】南砂1丁目新築戸建B号棟   記事一覧   住宅ローン減税のすべてがわかる! 2024年最新版 目次|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

日向 麻夫 最新記事



日向 麻夫

お客様それぞれの不動産購入に至るまでに存在する数多くのステップに対して、納得感も満足感も安心感も兼ね備えた上で、ひとつずつステップをクリアしていけるよう、プロのコンサルタントとして、寄り添ってフォローいたします。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


ランドステージ浅草橋

ランドステージ浅草橋の画像

価格
8,700万円
種別
中古マンション
住所
東京都台東区浅草橋3丁目
交通
浅草橋駅
徒歩4分

台東区千束1丁目の売地

台東区千束1丁目の売地の画像

価格
3,180万円
種別
借地権
住所
東京都台東区千束1丁目
交通
入谷駅
徒歩10分

台東区松が谷3丁目の売地

台東区松が谷3丁目の売地の画像

価格
5,980万円
種別
売地
住所
東京都台東区松が谷3丁目
交通
浅草駅
徒歩6分

クリオ蔵前壱番館

クリオ蔵前壱番館の画像

価格
6,080万円
種別
中古マンション
住所
東京都台東区寿3丁目
交通
蔵前駅
徒歩1分

トップへ戻る