墨田区・台東区の不動産|株式会社ChapteR > 株式会社ChapteRのスタッフブログ記事一覧 > 床をリフォームしたい!床材の種類やメリット・デメリットをご紹介!

床をリフォームしたい!床材の種類やメリット・デメリットをご紹介!

≪ 前へ|リースバックの仕組みやメリットとは?リバースモーゲージとの違いも解説   記事一覧   住宅ローンについて-動画で解説!|次へ ≫
カテゴリ:コラム

床をリフォームしたい!床材の種類やメリット・デメリットをご紹介!

床をリフォームすることでお部屋の雰囲気をガラッと変えること可能です。
床材にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴やメリット、デメリットが存在します。
今回は、主な床材についてのメリットやデメリットをご紹介します。
これからリフォームされる方は参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

リフォームする際の床材の種類にはどんなものがあるのか?

リフォームで使用される主な床材の種類としては、以下のようなものがあります。

●フローリング
●畳
●カーペット
●クッションフロア


それぞれの床材はその見た目も大きく異なります。
また、床材はリフォームする部屋によって決めるようにしましょう。
水回りであればフローリングやクッションフロア、寝室などであればカーペットや畳などを選ぶと良いです。

リフォームする際の各床材のメリットとは?

それぞれの床材には異なるメリットがあります。
リフォーム前に把握しておきましょう。
まず、フローリングは定番の床材で、使用する木材によって温もりのある雰囲気からクールな雰囲気まで演出することができます。
木材ならではの温かみや機能性が充実しているのがメリットです。
畳はクッション性が高く、小さいお子さんが走り回っても安心です。
湿気を吸ってくれるので日本の気候に適していると言われています。
カーペットは、断熱効果が高いのがメリットです。
防音性にも優れているのでリビングや寝室におすすめです。
クッションフロアは、コストの安さがメリットでしょう。
防水性が高いのでキッチンなどで液体をこぼしても掃除が楽です。

リフォームする際の各床材のデメリットとは?

リフォームするうえで、それぞれの床材のデメリットも理解しておきましょう。
フローリングはリフォームするうえでコスト面のデメリットがあります。
選ぶ材料によってはかなり高額になってしまうので注意しましょう。
畳は定期的なメンテナンスが必要になります。
掃除が簡単ではないこともデメリットでしょう。
カーペットも液体をこぼしたときなど、掃除が大変です。
キャスター付きの椅子が使用しにくいのもデメリットです。
クッションフロアは柔らかいので重い家具を置くと、跡が残ってしまいます。
また、熱に弱いデメリットもあります。

リフォームする際の各床材のデメリットとは?

まとめ

フローリング・畳・カーぺット・クッションフロアの各種類の床材についてご紹介しました。
それぞれにメリット・デメリットが存在するため、慎重に選ぶことをおすすめします。
床はお部屋の要となる部分のため、リフォームする部屋に応じた床材を使用するようにしましょう。

不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|リースバックの仕組みやメリットとは?リバースモーゲージとの違いも解説   記事一覧   住宅ローンについて-動画で解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

日向 麻夫 最新記事



日向 麻夫

お客様それぞれの不動産購入に至るまでに存在する数多くのステップに対して、納得感も満足感も安心感も兼ね備えた上で、ひとつずつステップをクリアしていけるよう、プロのコンサルタントとして、寄り添ってフォローいたします。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


イニシア上野稲荷町

イニシア上野稲荷町の画像

価格
8,280万円
種別
中古マンション
住所
東京都台東区東上野6丁目
交通
稲荷町駅
徒歩5分

スパシエルクス両国

スパシエルクス両国の画像

価格
4,680万円
種別
中古マンション
住所
東京都墨田区2丁目
交通
両国駅
徒歩13分

コープ野村亀戸西棟

コープ野村亀戸西棟の画像

価格
5,190万円
種別
中古マンション
住所
東京都江東区亀戸1丁目
交通
錦糸町駅
徒歩7分

ライオンズマンション門前仲町第6

ライオンズマンション門前仲町第6の画像

価格
5,980万円
種別
中古マンション
住所
東京都江東区冬木
交通
門前仲町駅
徒歩9分

トップへ戻る